プレエントリーって何?エントリーとは?2つの意味の違いを知って就活をスムーズに始めよう。

プレエントリーとエントリーの違い

いざ就活が始まると、まずどんな企業があってどこを受けようかを考えなければなりません。

そしてもし受けたい企業が見つかった場合は、まず一番最初に“プレエントリー”というものをしなければなりません。

ただ、就活を始めたばかりだと、何のことやら分からない人もいると思います。

私も最初は意味が分かりませんでした。

第一に、プレエントリーの他にエントリーと呼ばれるものもしなければなりませんし。

この2つは全く別ものなので、しっかりと違いを知っておく必要があります。

プレエントリーとエントリーの違い

プレエントリーとは?

まず、プレエントリーとは何かといいますと、「企業から情報をもらうための登録」のことを言います。

例えば、

就活する際によく使われるリクナビから、興味のある企業を見つけたとします。

そうしたら「プレエントリーをする」みたいなボタンがあると思うので、そこからプレエントリーします。

プレエントリーをすることによって、あなたがリクナビに登録しておいた個人情報が企業側に送られ、その代わりに企業から情報(説明会の日程や選考の申し込み方法)が、あなたのリクナビのメールフォルダに自動的に送られてくるようになります。

これは“企業からのメルマガ”だと思ってもらえればいいかと思います。

※これをしたからといって選考に進むわけでは全くないです。

逆にこれをしておかないと、企業が発信する“選考するための情報”が入ってきません。

※企業のHPの採用ページを見れば選考情報が分かることもありますが、たいていの企業はリクナビ・マイナビ・キャリタス就活に登録していますし、HPを見ても「リクナビ(マイナビ・キャリタス就活)に登録して情報を取得してください」と書いてる企業も多いです。だからといって、志望順位が高い企業がある場合はHPも見ておくことをオススメしますよ。

私の場合は、12月1日から企業のプレエントリーが一斉に始まったので、12月中で80社ほどプレエントリーしました。

(就活を始めたばかりの頃は私も訳が分からなかったので、適当に、気になる企業を見つけてはどんどんプレエントリーしていました。)

エントリーとは?

エントリーとは、「選考に進むための申し込みをする行為」のことです。

先ほどは、プレエントリーだけでは選考に進めないと言いましたね。

例えば、

プレエントリーをしていた企業から「説明会を○/○の日にやります。もし、選考に進みたいと思っている場合はその日に~~(指定物(履歴書やエントリーシート))を持ってきてください」というメールが来たとします。

あなたはまず、説明会に参加したいと思い、そのメールから参加を選択し、そのデータを送りました。

(たいてい説明会や選考は届いたメールから申し込むことができるようになっています。ほとんどの場合、人数指定がされているので早いもの勝ちです。企業から連絡が来たら即行で確認しましょう!私は可能な限り10分以内に確認していました)

さて、説明会当日、企業に指定物(履歴書やエントリーシート)を提出した時点で、それは“エントリーをした”ということになります。

これが“エントリー”ですね。

選考スタートです!

プレエントリーはメルマガ登録

エントリーは選考の申し込み

だと覚えておけば分かりやすいんじゃないかと思います。

友人の間での会話「いくつエントリーした?」「え?今んところ50社」。この時の“エントリー”の意味はプレエントリーのこと。

これを説明する必要はないかと思うのですが、一応。

就活が始まるとよく「今の時点でいくつエントリーしてる?」などの会話をすることがあると思います。

この時の“エントリー”はプレエントリーのことを意味しています。

(もしかしたら私の周りだけかも…)

会話の中では「プレ」を付けるのが面倒なので、省いているんですね。

「キャリタス就活」で就活のスタートダッシュを切ろう!

新卒用の就活サイトはいくつかありますが、すべて使っていると管理が難しくなって非効率な就職活動になってしまいます。

そこで、「日経就職ナビ」がリニューアルした「キャリタス就活」に無料登録して活用してみてください。

今までの就活サイトにはなかったような分かりやすいサイト構成で、動画による就活マナー講座など右も左も分からない就活生をサポートするサービスが充実しています。

さらなる詳細については『新卒はキャリタス就活に無料登録しよう!評判や考察について』を読んで、登録するか検討してみましょう。

関連≫就活のプレエントリーの平均数とは?

関連≫プレエントリーの締切(期限・期間)はいつまで?

Sponsored Link

フォローする