転職をする際の、内定までの流れ。

転職というのは先の未来が明確に決まっている訳ではないため、不安に思う人は多いかと思います。

「今の会社は辞めたいけど、次の会社が決まってない」

「辞めたはいいけど、新たな会社が見つかるか不安」

「転職ってどんな流れで進んでいけばいいのだろう?」

など、悩みは色々。

そこで、ここでは転職をする時の内定までの流れを書いていきたいと思います。

今の会社を退社

退社の旨を上司に相談

まずは直属の上司に退社したいことを伝えましょう。

そうすると大抵、面談が始まります。

そこでは、

  • どうして退社しようと思っているのか?
  • 今後はどうするのか?

などの質問を受けると思うので、答えていきましょう。

よほど会社から嫌われている訳でなければ、上司は退社を止めようとしてきます。

なぜなら社員は会社にとって財産・仲間・戦力だからです。

本当に会社を辞めたいと思っているのなら、しっかりと自分の強い意志を示す必要があります。

今抱えている仕事の引き継ぎ等

退社する方向に話をもっていけたなら、次は今抱えている仕事を他の社員に引き継いでいきます。

または今抱えている仕事がひと段落行くまで退社出来ない場合もあるでしょう。

その辺りは上司との相談で決まると思われます。

退社手続き

正式に「退職願い」を提出し、その他会社に返さなければならない備品などを返却します。

自分が使っていた机の中もキレイにし、すべての書類や備品を片付けていきます。

それで終わりです。

後日、家に源泉徴収の書類などが届くと思うので、しっかり保管しておきましょう。

今度の確定申告で必要になります。

転職活動

転職サイトに登録

あらかじめ退職前に、転職サイトに登録しておいても良いでしょう。

“職に就いていたら登録出来ない”という訳ではありません。

登録する際は、なるべく知名度が高く、多くの求人情報が掲載されている転職サイトを選ぶのが良いです。

たくさん登録してもすべて使うのは大変なので、2~3個で十分だと思います。

転職サイトには、

  • 応募型
  • サポート型

があります。

自分に他社でも通用しそうなスキルが備わっているのなら、応募型で積極的に大手を狙っていくのもいいですし、あまり自信がないのならサポート型で専属アドバイザーの助けを受けながら転職活動をすることをオススメします。

(関連≫厳選したおすすめ転職サイト

選考、面接

転職サイトを通じて企業を見つけ、相手企業が「この人と会ってみたい」と思ってくれれば選考・面接が始まります。

用意した履歴書を手に、自分をアピールしましょう。

内定

企業の選考が進み、見事相性が合えば内定獲得です。

新たな1歩を踏み出していきましょう。

一番大変なのは受けたい企業を見つけ、選考にこぎつけることでしょう。

まずは企業の人事と合う機会を設けなければ何も始まりません。

この部分の積極性が重要なのです。

関連≫転職では面接に何社落ちたか?私は4社受けた結果内定をもらえた

関連≫仕事の探し方が分からない時はハローワークや転職エージェントのような「人に頼る型」の方法を取る

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする