女性の就活。一般職の採用は“顔”だけで決まることはない。もっと総合的に見るでしょう。

女性の就活一般職は顔で決まる訳ではない

就職活動で一般職を志望するのは男性より女性のほうが多いです。

その理由としては、

  • いずれ家庭に入って夫に養ってもらえばいいため、昇進がなくてもいい
  • 事務・補助作業が中心で転勤がないため、楽そう
  • 総合職では無理でも一般職でなら大手企業に入れるかも

などです。

女性の社会進出が当たり前になってきているとはいえ、一般職を希望する女子は多いことでしょう。

さて、中には「一般職は顔で決まるんじゃないか?」と考えている人がいるようですが、そのことについて考えていきたいと思います。

昔と今で状況が変わった一般職

昔の一般職と言えば、

  • お茶汲み
  • 他の社員の補助作業
  • 電話対応

が主な業務でした。

完全なサポート役で、オフィスの華として存在していました。

しかし今は上記の業務に加えて、

  • データベースの整理など、専用のソフトを使用したパソコン作業
  • オフィスにある様々な機器の扱い
  • 書類のファイリング

など、会社の戦力に直結するような業務も求められるようになりました。

昔なら“顔重視”で一般職が求めらた場合もあったかもしれませんが、現在では能力も求められています。

いくら顔がよくても能力が伴わなければ受かることは少ないでしょう。

一般職の大変さ

「一般職は総合職よりも簡単」と考えている人は多いと思います。

しかし甘くみていると、入社後のギャップに戸惑う原因となります。

仕事は総合職とほぼ同じ

“一般職はサポート役”

ということはどんな仕事をさせられるかというと、総合職の人たちが面倒くさがってやりたがらない仕事です。

本来なら総合職のほうでやるべき業務が一般職のほうへ流れてきます。

これでは総合職とやる仕事は同じ。

それでいて賞与や給料は低く、昇給も微々たるもの。

「なんて理不尽なんだ」と感じる時が来るかもしれません。

単調で達成感のない仕事ばかり。スキルなんて身に付かないから転職も出来ない

総合職と変わらない業務だからといって、一般職が踏み込んで仕事に当たる訳ではありません。

あくまでサポート役なのでスキルもつかない。

仕事を進める上で何か主導権があるわけでもなく、頼まれたことをただただその通りにこなすだけ。

また、掃除など、面倒で自分の仕事とは関係のないこともさせられます。

「もっと会社の力になりたいのに…。こんなことをするためにこの会社に入ったんだっけ…」と悩む時が来るかもしれません。

社内では立場が低く見られる

「総合職は大変で一般職は楽だ」

そんな考えを持つ人はたくさんいます。

会社では、上司からアゴで使われることもあるでしょう。

また、総合職の同期や後輩はどんどんと昇進していき、いずれあなたの上司となります。

一般職でやっていこうと考えているのなら、そうした違いを理解しておかなければなりません。

一般職の嫌なことを散々挙げてきましたが、どうしても転職が嫌なら一般職が有利です。

ただ総合職でも一般職でも「その道で進む!」と決めたなら、しっかりメリット・デメリットを調べあげ、「メリットを最大限利用してやる!」くらいの気持ちで臨んだほうが良いと思います。

関連≫就活で自分に合った企業・会社・業界の選び方、見つけ方について。自分を中心に考えてみることも大切。

関連≫厳選した転職サイトまとめ

20代向け求人サイトセレクション

【1位】いい就職.com

いい就職.com

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!丁寧で迅速なフォローが好印象でした!

詳細⇒いい就職.com

【2位】ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!通えるなら使うべき!

詳細⇒ハタラクティブ

【3位】ワークポート

ワークポート

IT・WEB業界専門から一般向け求職者・第二新卒対応へ!電車の広告でもお馴染みの急成長転職サイトです。

詳細⇒ワークポート

 

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする