就活における面接の質問対策や練習方法について。

就活における面接の質問対策や練習方法について。

“面接”

それは内定を手に入れるために必ず通過しなければならない関門です。

とはいっても、面接を苦手とする人はたくさんいます。

私の場合は、面接以前に初対面の人と話すのが苦手なので、“丸覚え”というあまり推奨されない手法を取っていました。

(関連≫【就活・転職】面接の質問に丸暗記はダメなのか?私が志望動機や自己PRを丸覚えした結果について

さて、就活を始めたばかりの人は「面接対策ってどうすればいいんだろう?」と考えることがありますよね。

そこでここでは、私の面接対策・練習方法について書いていきたいと思います。

その就活で内定もらえますか?次世代型就活マッチングイベントならMeetsCompany

まずは「よくある質問」を知る

面接対策でまず最初にすることは、「よくある質問」を知ること。

面接には鉄板の質問ネタがあります。

  • 「自己PRをしてください」
  • 「志望動機を教えてください」
  • 「あなたの強み(弱み)を教えてください」
  • 「あなたが学生時代に一番力を入れたことは何ですか?」

などなど。

面接を知れば、おのずと対策するべきことが分かってきます。

面接内容、実態について勉強をしましょう。

なるべく多くの質問に対して、自分ならどう答えるかを考える

だいたいどんな質問がされるのかを知ったら、次は多くの主要な質問を集めましょう。

数としては30~40個くらいです。

ネット上で調べても良いですし、私の場合は「面接質問集」の本を購入しました。

ちなみに私は「ダントツ面接+エントリーシートズバリ必勝対策」を使いました。

コンパクトで持ち運びがしやすく、質問も揃っているのでかなり重宝しました。

そして質問を集めたら、それぞれについて自分ならどう答えるかを考え、紙に書いていきます。

(私はパソコンのwordに打ち込んでいました)

この時の書き方としては、

  1. まず質問に対する答えを書く
  2. 答えたことの根拠となる具体的な理由を書く

です。

例:質問「趣味は何ですか?」

  1. ドライブです。(何ですか?に対する答え)
  2. 実際にサークルの友人と一緒に横浜や秩父に行きました。(具体的な話をすることで“ドライブ”に信憑性・説得力を持たせる)

実際に声に出して何度も口ずさむ

質問の答えを作成し終わったら、今度は話す練習をしましょう。

質問だけ見て、何も見ずに答えられるか声に出してみます。

スムーズに話せない場合は、何度も何度も出来るようになるまで練習します。

脳に焼き付けましょう。

入退室のイメトレ

だいたい答えられるようになったら、あとは見栄えをよくするだけです。

入退室の流れをイメージトレーニングします。

ここがうまく出来ないと、第一印象が悪くなってしまいます。

スムーズに入退室出来るように練習しましょう。

関連≫面接の流れを当時の私の心情と共に解説する

関連≫私の就活体験談

内定が出ない新卒向けイベント

ミーツカンパニー

合同選考会は通常の合同説明会とは違い、採用権限のある人事が参加するため、内定までの距離を縮めることが出来ます。人数が限定されているので早めに参加しましょう。

公式サイト⇒次世代型就活マッチングイベントならMeetsCompany

20代向け求人サイトセレクション

【1位】いい就職.com

いい就職.com

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!丁寧で迅速なフォローが好印象でした!

詳細⇒いい就職.com

【2位】ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!通えるなら使うべき!

詳細⇒ハタラクティブ

【3位】ワークポート

ワークポート

IT・WEB業界専門から一般向け求職者・第二新卒対応へ!電車の広告でもお馴染みの急成長転職サイトです。

詳細⇒ワークポート

 

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする