既卒と就職浪人・就職留年の違い

就職活動にはいくつか用語があります。たとえば、既卒・就職浪人・就職留年などです。これらの使い分けは、その人の置かれている状況によって変わってきます。

しかし、これらの用語を正しく使えていない人がしばしば見られます。そこで、ここでは簡単にそれぞれの違いと、有利・不利について書いていきたいと思います。

既卒と就職浪人の違い

既卒と就職浪人には、全く違いはありません。言葉が違うだけで、どちらも大学(大学院)を卒業した後に就職活動をしている人のことを言います。

また、どちらかというと「就職浪人」より「既卒」という言葉のほうが主流なように感じます。自分のことを表す場合、「就職浪人してます」というより「今は既卒です」と行ったほうがしっくりきます。

というのも、私が過去に転職を経験した時も、「既卒」という言葉は何度も目にしましたが、「就職浪人」という言葉は1度も見なかったからです。

思うに、「就職浪人」という言葉を使う人は大学を卒業してから公務員試験を受けようとしている人に多くみられますね。いわゆる「公務員浪人」です。そのため、大学を卒業してから民間企業を志望している場合は、自分のことを既卒と表現するのが無難です。

⇒『私の就活体験記|転職としての公務員試験チャレンジと現実

⇒『私の就活体験記|民間企業への転職決意

既卒と就職留年の違い

既卒(就職浪人)と就職留年は大きく違います。既卒は上記の通り、大学(大学院)を卒業したあとに引き続き就活をしている人です。そして就職留年は、本来なら卒業するはずのタイミングで卒業せずに、自分のことを新卒と名乗るためにもう1年、大学に籍を置く行為です。

既卒の状態で就活をするか、新卒の状態で就活をするかでは、選考を受けられる企業の数がかなり変わってきます。なぜなら、大手企業は募集要項で「20○○年卒業の大学生または大学院生」というような書き方をしているからです。これが意味することは、既卒NGだということです。

中には「※既卒可」としている企業もありますが、やはり企業の本音としては新卒を採用したいのです。

既卒は不利で、就職留年は有利なのか?

就職活動において、既卒か新卒かでは、確かに違いがあります。

ただその違いは、多くの企業を受けられるかどうかだけです。

就職留年した人が新卒扱いになるからといって、完全に新卒になれるわけではありません。それもそうです。履歴書を見比べれば、留年した人のほうが大学入学年が周りより1年早いのですから。その時点で、「この人はどうして留年をしているのだろう?」と面接官に疑問を持たれます。

最近は就職留年をしている人も増えているので、面接官には必ず気付かれます。そして、必ず「どうして留年しているのですか?」と聞かれます。今は「大学の研究の関係で…」と、意図的に就職のための留年ではないことを隠すような言い訳をすることが多いようですが、これも面接官からしたら「またか…」と思われる要因となります。

こうしたことから、就職留年は完全に有利とは言えません。留年をすると余分に学費を払わなければなりませんし、それなら同級生と一緒に卒業をし、『第二新卒・既卒専用の就活サイト』を利用したほうが賢明です。他にも『マイナビ新卒紹介』のように、現在、大学在籍していて就活に苦戦している人が使えるサポート型就活サイトもあるので、利用を考えてみましょう。

まとめ

ここまでで、既卒と就職浪人、就職留年の違いが分かったと思いますが、改めて以下にまとめます。

【既卒・就職浪人・就職留年の違い】

  • 既卒=就職浪人
  • 既卒(就職浪人)≠就職留年
  • 既卒(就職浪人):大学を卒業後に就活する人
  • 就職留年:大学を卒業せず、もう1年大学に籍を置いて就活する人

自分がどの立場で就活していくか、よく考えながら進む道を決めましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする