仕事の辞め癖・逃げ癖を直したい時の克服方法

仕事の辞め癖や逃げ癖で悩んでいる人は多いでしょう。

私も転職をする時はこうした症状があったように思います。

「上司が嫌だ。もう一生顔も見たくない!」

私の場合は1人の上司を嫌いになると、他に優しい人がいようと会社自体が嫌いになってしまう最悪な性格。

こんな辞め癖・逃げ癖のある人はどうしたら良いのでしょうか?

辞め癖・逃げ癖と考えてはいけない

まず考えてほしいことは、「辞め癖、逃げ癖が治らない…。もうこんな自分嫌だ…」と思ってはいけないこと。

そもそも辞め癖・逃げ癖と思ってしまうと、それは自分を責めていることになります。

自分で自分の評価を下げてしまうとそれはやがて外に伝わり、「おまえはダメだ」と色々な人から攻撃を受けてしまう可能性があります。

これは私も経験したことですが、あまりにも日々のことで反省しすぎると周りからの評価もどんどん下がっていきます。

だから、「別に逃げて何が悪いんだ!」と考えるようにしてみてください。

嫌な会社に我慢して居続けて心身共に疲弊して、体調不良で辞めるくらいならさっさと辞めたほうがいいと思いませんか?

そもそも日本人はみんな頑張り過ぎだと思います。個人的に。

「本当は働かないといけないって分かってるんだ」

この気持ちさえあれば大丈夫。

自分で自分を責めないようにしましょう。

辞め癖・逃げ癖が発生する原因を考える

「この会社もう辞めたい…」

このように感じてしまう原因は何でしょうか?

これは人によって様々あると思いますが、一度しっかり考えてみましょう。

嫌いな人間がいる

これは多いんじゃないかなと思います。

私も原因はこれです。

直属の上司が常に監視して否定的な口出しをし、こちらが自発的にやっていることのやる気をそぎ落とすのがうまい人でした。

そして「俺はこいつの操り人形じゃねぇ!」と限界に達し、その翌日に退職を伝えました。

私は人にあまり干渉しないというか、そもそも注意自体出来ない人で、それは“人から注意を受けるのも嫌”の裏返しなのですが、要するに社会を舐めているんですね。

だから理不尽で絶対受け入れられない人が出てきて、毎日その人と仕事のために顔を突き合わせなきゃいけないなんて耐えられませんでした。

プレッシャー

社会人になるとほとんどのことが自己責任です。

生活のためにはもちろん仕事が必要ですし、家族を養っている人は命を預かっていることにもなりますし、親がすでに年金暮らしを始めていたら今後のお世話のことも考え始めなければなりませんし。

逃げたいけど逃げられないプレッシャー。

非常に辛い思いをすることがあります。

これまでいた会社と比較してしまう

何度も転職を繰り返している人は、今の会社と昔の会社を比べてしまいがちです。

自分の欲求をすべて満たしてくれる会社などないことは心のどこかで分かっているはずですが、

  • 給料はあそこのほうが良かった
  • ここは前よりも残業が多い
  • 前の会社より人間関係が最悪

と、欠点ばかりが目についてしまうのです。

このような人は「これが一番大事!」といった軸がないか、欲張りか、もともとこだわりがない人です。

辞め癖・逃げ癖を直す方法は?

辞め癖・逃げ癖は、一度“退職”という甘い蜜を吸ってしまったがために芽生えてしまった腫瘍のようなもの。

なかなか直すことは難しいです。

辞めなければいいだけのことですが、それが出来ないから困っている。

そこで…

考えるな!

すぐに辞めたがる人は、いろいろなことを考えてしまいがちです。

マイナスなことや不安なこと、自分の将来のこと。

辞めるに至る最初のきっかけは“考えてしまう”にあるのです。

そこで、何も考えないように意識するのです。

これまでよく考えて良いことがありましたか?

不安になるだけではありませんでしたか?

人生は不確定なもので、もうなるようにしかならないのです。

流れに身を任せる。

そして過去・将来・周辺のことから目をそらし、目の前のことだけを考えれば良いのです。

いつでも完璧を目指そうと考え過ぎていると、これからもその辞め癖・逃げ癖は付いて回るでしょう。

会社のために働かない

「今の自分は会社の奴隷だ…あぁ、ただの社畜…」

こう考えてしまうと途端にやる気がなくなってしまいます。

人は誰でも主体的に動きたいと思うものです。

そこで、会社のために働かないようにしましょう。

意識を変えるのです。

  • 今この仕事をすることで誰のためになるか?
  • どのような形で社会に貢献できているのか?
  • 今の仕事を通して自分の存在は誰の力になっているのか?

会社というのはただの箱です。

その箱を通して社会のためにどんなことが出来るのかを考えましょう。

きっとあなたの仕事で助かっている人がたくさんいます。

その人たちのために働きましょう。

“会社のために働くのではなく、社会のために働く”

これを意識してみてください。

辞め癖・逃げ癖を自覚してしまうと後ろめたい気持ちでいっぱいになってしまいます。

本当に逃げたければ逃げればいいです。

が、それを直したい気持ちがあるのなら、

  • 考えるな!
  • 会社のために働かない

を意識してみてください。

おすすめ転職サイト一覧

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする