第二新卒は大手企業より中小企業のほうが内定がもらいやすい。採用されやすい理由について。

第二新卒が大手企業より中小企業に採用されやすい理由

「既卒よりも新卒のほうが就活は有利」

ということはよく言われています。

私が既卒・第二新卒用の転職サイトの会社に初めて行った時も、担当者から「大手企業は難しい」と言われました。

転職支援会社は転職させてなんぼなので、このように言うのも分かりますが、現実的に考えるとやはり中小企業のほうが断然転職しやすいです。

そこでここでは、どうして既卒・第二新卒は大手企業よりも中小企業のほうが採用されやすいのかについて書いていきたいと思います。

大手企業の事情

新卒しか入れないところも多い

私は実際に転職をしてみて、「日本は一度失敗すると這い上がるのが難しい国だな…」と感じました。

大手企業の中には、新卒の学生以外受け入れないところがあるのです。

そのため大手転職サイトで求人を探しても、第二新卒については中小企業くらいしかちゃんと募集していないんです。

大手でも「卒業から3年以内可」とは書いてありますが、それはおそらく相当いい人材がいた時のみ。

通常なら新卒しか採用しないでしょう。

大手は自分の会社の名前に泥を塗りたくない

歴史のある、由緒正しき大手企業は、問題のありそうな人材をわざわざ採ろうとしません。

毎年新卒学生が来てくれ、人材には困らないからです。

私は別に「転職をする人は問題がある人」だと言っている訳ではありません。

「世の中には“転職をする人は人間関係に問題がある”という偏見が少なからずある」と言っているのです。

また、実際にそうしたことが多いです。

そうなると、中小企業よりも大手企業へのほうが就職が難しくなります。

中小企業の事情

新卒就活生は内定辞退をするから

私は何も消去法で「第二新卒は大手より中小のほうが受かりやすい」と言っている訳ではありません。

中小企業のほうが受かりやすい事情はしっかりとあります。

中小企業は新卒学生を採用したくても、どうしても内定辞退をされてしまうことが多いという現実があります。

比較的人材不足になりやすいのです。

そのため転職サイトに求人をかけるのです。

内定を出してもそう簡単に辞退をしない第二新卒は採用されやすいということになります。

毎年募集するわけでもない。人材が欲しい時はすぐ欲しい

中小企業は何も毎年募集をかけてる訳ではないんですね。

私が転職活動をしていた時は、「3年ぶりに求人を出した」という企業もありました。

中小企業が求人を出す時は、積極的に事業拡大を目指す時。

そういう時はすぐに人材が欲しいと思っています。

そして、募集職種は圧倒的に“営業職”が多いという現実があります。

※企業規模を拡大する時には営業職が必要になってきます

企業というのは大きく分けて、

  • 経営・企画
  • 経理
  • 営業

から成り立っています。

企業規模の拡大を考える時、普通に考えて他の職種よりも営業の数が必要になります。

第二新卒が中小企業に転職する時は、4月まで待つということは少なく、採用されたら半月から1ヶ月後くらいには入社しますよ。

すぐに戦力として働くことになることが多いです。

上記のことを総合すると、第二新卒は大手企業より中小企業のほうが就職しやすいということになります。

関連≫既卒・第二新卒、一般転職者のための転職サイト一覧

20代向け求人サイトセレクション

【1位】いい就職.com

いい就職.com

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!丁寧で迅速なフォローが好印象でした!

詳細⇒いい就職.com

【2位】ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!通えるなら使うべき!

詳細⇒ハタラクティブ

【3位】ワークポート

ワークポート

IT・WEB業界専門から一般向け求職者・第二新卒対応へ!電車の広告でもお馴染みの急成長転職サイトです。

詳細⇒ワークポート

 

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする