夏の転職!男性は面接の時にどんな服装をすれば良いのか?

転職をしていると、「夏はどんな服装で面接に臨めばいいのだろう?」と疑問が湧いてくると思います。

一番気になるのが、

  • 冬と同じようにスーツで良いのか?
  • スーツだと暑苦しいからYシャツで行ったほうが良いのか?

だと思います。

いったいどうするのが最善策なのでしょうか?

面接のような正式な場ではスーツ

男性の場合、季節は問わず、面接の時の服装は上下スーツが基本です。

企業の中には事前に「服装は自由」「私服可」と言われるところもあるのですが、そういったところは稀です。

スーツが基本ということで、男性としては迷う必要がないので楽と言えば楽ですね。

しかし、夏はとても暑く、汗っかきの人には地獄のような季節です。

もし汗がだらだら垂れているような状態で面接に臨んでしまうと、それだけでイメージを落としかねません。

男性は服装以外のところで気を付けなければならないのです。

夏の転職:服装関係で気を付けること

上着を手に持って行く時

夏はとても暑いので、面接を控えている企業までの移動で汗が噴き出します。

そのため、少しでも汗を抑えるために、スーツの上着は着用せず、手に持って行くと思います。

この時、気を付けなければならないのが、上着のシワです。

多少は仕方ないのですが、面接は見た目がかなり重要です。

移動する間で極力上着にシワが付かないようにすることと、出来れば面接前日に上着にアイロンをかけて、第一印象が良くなるように心掛けましょう。

汗をひかせるために余裕を持って家を出る

私はとても汗っかきなので、夏場に転職活動をする時は余裕を持って行動するように気を付けていました。

まず、面接を控える企業についたら、玄関口で噴き出る汗をとにかく拭きまくり、制汗シートも併用していました。

そして、汗が出なくなるほど落ち着いたら、スーツの上着を着るようにしていました。

もしこの時、時間に余裕がなくてすぐにスーツの上着を着るようであれば、熱がこもって汗が止まらなくなり、大変なことになってしまいます。

体を冷やすのに便利な道具は扇子

暑がりで汗っかきな人は、なかなか体の熱が治まらなくて大変です。

そういった時に便利なのが扇子(うちわ)です。

これを持ち歩いていれば、面接に向かう途中でも自分に風を送ることができますし、面接前に早く体を冷ましたい時に一役買います。

常に鞄の中に入れておきましょう。

Yシャツは半袖でもOK

面接時はスーツの上着を着るため、Yシャツは無理をして長袖にする必要はありません。

不安な人は長袖のYシャツを着て、袖を折る方法でも良いのですが、評価のされないところで無理をして頑張るのは止めましょう。

厳選した転職サイト一覧

転職では面接に何社落ちたか?私は4社受けた結果内定をもらえた

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする