夏の転職!男性は面接の時にどんな服装をすれば良いのか?

転職をしていると、「夏はどんな服装で面接に臨めばいいのだろう?」と疑問が湧いてくると思います。

一番気になるのが、

  • 冬と同じようにスーツで良いのか?
  • スーツだと暑苦しいからYシャツで行ったほうが良いのか?

だと思います。

いったいどうするのが最善策なのでしょうか?

面接のような正式な場ではスーツ

男性の場合、季節は問わず、面接の時の服装は上下スーツが基本です。

企業の中には事前に「服装は自由」「私服可」と言われるところもあるのですが、そういったところは稀です。

スーツが基本ということで、男性としては迷う必要がないので楽と言えば楽ですね。

しかし、夏はとても暑く、汗っかきの人には地獄のような季節です。

もし汗がだらだら垂れているような状態で面接に臨んでしまうと、それだけでイメージを落としかねません。

男性は服装以外のところで気を付けなければならないのです。

夏の転職:服装関係で気を付けること

上着を手に持って行く時

夏はとても暑いので、面接を控えている企業までの移動で汗が噴き出します。

そのため、少しでも汗を抑えるために、スーツの上着は着用せず、手に持って行くと思います。

この時、気を付けなければならないのが、上着のシワです。

多少は仕方ないのですが、面接は見た目がかなり重要です。

移動する間で極力上着にシワが付かないようにすることと、出来れば面接前日に上着にアイロンをかけて、第一印象が良くなるように心掛けましょう。

汗をひかせるために余裕を持って家を出る

私はとても汗っかきなので、夏場に転職活動をする時は余裕を持って行動するように気を付けていました。

まず、面接を控える企業についたら、玄関口で噴き出る汗をとにかく拭きまくり、制汗シートも併用していました。

そして、汗が出なくなるほど落ち着いたら、スーツの上着を着るようにしていました。

もしこの時、時間に余裕がなくてすぐにスーツの上着を着るようであれば、熱がこもって汗が止まらなくなり、大変なことになってしまいます。

体を冷やすのに便利な道具は扇子

暑がりで汗っかきな人は、なかなか体の熱が治まらなくて大変です。

そういった時に便利なのが扇子(うちわ)です。

これを持ち歩いていれば、面接に向かう途中でも自分に風を送ることができますし、面接前に早く体を冷ましたい時に一役買います。

常に鞄の中に入れておきましょう。

Yシャツは半袖でもOK

面接時はスーツの上着を着るため、Yシャツは無理をして長袖にする必要はありません。

不安な人は長袖のYシャツを着て、袖を折る方法でも良いのですが、評価のされないところで無理をして頑張るのは止めましょう。

厳選した転職サイト一覧

転職では面接に何社落ちたか?私は4社受けた結果内定をもらえた

20代向け求人サイト

私も利用した就職Shop

就職Shop

リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルート」による若者向け転職エージェントです。

 

  • 18~29歳の若者向け
  • 完全無料
  • 担当者によりすべての求人が訪問取材済み
  • 登録企業数8000社以上
  • 利用者数9.7万人突破
  • キャリアコーディネーターが内定までサポート
  • 書類選考なし(面接スタート)

 

転職サイトを使う場合、なるべく大手を使うべきだと思っています。なぜなら、求人を出す企業側も大手人材紹介会社に依頼することが多いと考えるからです。

 

書類選考を省いて面接対策・企業研究を重視する実践型。そして、求人はすべて訪問取材済みなので、気になった企業はとことんキャリアコーディネーターに聞くことができます。一番怖いのは、入社してから社風が合わないと気付くことですから、求人探しをする時は企業の雰囲気なども質問してみましょう。

公式サイト⇒就職Shop

ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、利用者・実績が多いです!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ

公式サイト⇒ハタラクティブ

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする