【退職】仕事が嫌で会社を辞めたい時に考えること・注意点。

退職をする時に考えなければならないことは、ずばり「将来」だと思います。

退職手続きは会社に言われた通りにやれば出来ますし、無職期間中の年金や健康保険の支払いについては市役所に行けば色々と教えてくれます。

しかし、自分の将来については誰かに教えてもらうということが出来ません。

ある程度イメージを持って退職するほうがいいと思います。

転職?起業?

まず、退職をした後は何をしようと考えているのでしょうか?

転職でしょうか?それとも起業でしょうか?

転職をするにしても何か資格を取得してからにするのか、すぐに転職活動を始めるのか、公務員試験を受けるのか。

起業するならどんな流れで行おうとしているのか、起業セミナーなどを受けるのか。

決して単純なことではありません。

会社を辞めてから、ではなく辞める前にある程度の計画を立てておく必要があると思います。

今の会社を辞めることにメリットはあるか

今の会社を辞めることにメリットはあるのか、今一度確認してみましょう。

  • 会社を辞めることでスキルアップに挑戦することが出来るようになる
  • 精神的に辛い状態から脱却することが出来る

など、いろいろあると思います。

そうしたメリットに自分が本当に納得しているか、衝動的にはなっていないだろうか、落ち着いて振り返ってみてください。

転職で自己実現を目指すために

転職を考えている場合は、転職サイトの活用も視野に入れているかと思います。

何度か転職をしたことがある人は知っているでしょうが、初めて転職する人には転職サイトは馴染みがないので、選び方なども分からないと思います。

そういった場合は、こちら↓を読んでみてください。

(関連≫仕事の探し方が分からない時はハローワークや転職エージェントのような「人に頼る型」の方法を取る

経験に基づいて、どんなタイプの転職サイトがおすすめなのかを説明しています。

少しでも自己実現につながる転職を目指しましょう。

関連≫厳選したおすすめ転職サイトまとめ

20代向け求人サイト

私も利用した就職Shop

就職Shop

リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルート」による若者向け転職エージェントです。

 

  • 18~29歳の若者向け
  • 完全無料
  • 担当者によりすべての求人が訪問取材済み
  • 登録企業数8000社以上
  • 利用者数9.7万人突破
  • キャリアコーディネーターが内定までサポート
  • 書類選考なし(面接スタート)

 

転職サイトを使う場合、なるべく大手を使うべきだと思っています。なぜなら、求人を出す企業側も大手人材紹介会社に依頼することが多いと考えるからです。

 

書類選考を省いて面接対策・企業研究を重視する実践型。そして、求人はすべて訪問取材済みなので、気になった企業はとことんキャリアコーディネーターに聞くことができます。一番怖いのは、入社してから社風が合わないと気付くことですから、求人探しをする時は企業の雰囲気なども質問してみましょう。

公式サイト⇒就職Shop

ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、利用者・実績が多いです!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ

公式サイト⇒ハタラクティブ

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする