毎日終電まで仕事をするなんて、人生それでいいのか?

昔、休日に遊んで終電で帰ろうとした時、駅のホームにフラフラな会社員がいました。

「酒でも飲んで酔っているの?」

最初はそう思いましたが、様子が違いました。

その人は、全くお酒の臭いはしないし、顔も赤くありません。

何か小さい声で呟いています。

「あぁ…眠い…。眠い…」

この言葉を聞いて、ようやくこの人が寝不足であること知りました。

やがて、ホームにしゃがみ込み、ビジネスバッグを抱えて眠ってしまいました。

私は公共の場でこんなに眠そうな人を見るのは初めてだったので、なかなかの衝撃でした。

(過去に、電車内のドア付近で横になって寝ている人は見たことがありますが、こうした人はお酒によって眠っている人でしょう)

睡眠もとれないほどの仕事は危険ではないか?

ホームでフラフラだった人を見て、かなり危険だと感じました。

こんな睡眠不足な状態では無事に家に帰れるかどうかも分かりませんし、運が悪ければ駅のホームから転落する可能性もあります。

それ以前に、過労死の心配もあります。

もし、毎日終電まで仕事をするようであれば、自分の将来を真剣に考える必要があると思います。

でなければ、身を滅ぼしかねません。

上司の姿を見てみましょう。

上司のように仕事に慣れれば、もっと早く帰宅できるようになるでしょうか?

それとも、このまま何年も勤め続けても、仕事量は変わらず、終電帰りは変わらないのでしょうか?

何のためにその仕事に就いたのか?

どんな希望・展望を持って、その職に就いたのでしょうか?

そして、その希望・展望はその職で実現できそうでしょうか?

もし、自分の目指す将来とかけ離れているのなら、我慢せずに職を変える必要もあります。

現状に甘んじていては、現在も将来も何も変わりません。

嫌なら自分で変える!会社は人生を守ってはくれない

毎日終電で月に百数時間も残業をするような会社は、利益最優先の会社です。

1人の残業が多すぎるようなら、人を雇えばその分1人の負担は減るし、会社の人件費もさほど変わりません。

それなのに、「人件費が増えるかもしれないから」という不確定な理由で会社は人を雇わないのです。

税金で賄われているような公共機関とは違い、民間企業は利益が最優先です。

会社は、会社を守るために必死なのです。

会社にとって社員は財産であることに変わりはありませんが、守るとしても最低限のことまでしかしてくれません。(中には社員を使い捨てにするブラック企業も存在します)

人生のすべてを、会社に捧げてしまって良いのでしょうか?

私は、そんな生き方はのちに後悔すると思っています。

もし、あなたの命が明日尽きるとしたら、どんな後悔をしますか?

その後悔をしないように、自分の人生の舵を取っていきましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする