公務員試験の時事対策に「速攻の時事」は効果があるのか?使い方について。

速攻の時事

公務員試験を受ける上で、気にかけなければならないのが「時事」についてです。

時事は筆記試験の中でもさりげなく出てきますし、小論文のテーマや面接時にも問われます。

私は時事の勉強をするのに公務員参考書「速攻の時事」を使用していました。

そこで、ここでは実際に「速攻の時事」を使ってみた感想や、“もっとこうしておけば良かった”というような反省について書いていきたいと思います。

「速攻の時事」について・使い方

出題予想時事テーマベスト10

速攻の時事出題予想ベスト10

最初のページのほうに、その年の試験に出題されそうな時事テーマがランキングで示されています。

時事の勉強をしようとすると、あまりの範囲の広さに諦めそうになりますが、こうした順位付けがされているとどのテーマから勉強すればいいのかが分かって良いです。

出題可能性が★3つで示されている

速攻の時事出題可能性

本にはいくつもの時事が解説されています。

しかし、ただ解説だけされているのではなくて、ページの右上に「出題可能性」が示されています。

これによって重要度が分かるので勉強の優先順位が付けやすくなっています。

具体的な「出る文」が記載されている

速攻の時事出る文

ページの下のほうには「出る文」があります。

これがあることによって、実際の試験でどういった文が出題されるか感覚がつかめます。

出る文穴埋めチェック

速攻の時事穴埋めチェック

それぞれの章の終わりに「出る文穴埋めチェック」が用意されています。

自分の理解度を確認することが出来、また、試験直前はそれぞれの章の「出る文穴埋めチェック」を確認すれば速攻でおさらいが出来ます。

もともと新聞を読む習慣のない私には“時事”自体を受け付けなかった

時事問題を攻略するには「速攻の時事」だけでいいかというと、そうではないと思います。

この本は非常にまとめられています。

とても内容が濃いです。

しかし、濃すぎて専門用語・数値などがたくさん載っており、そう簡単に頭に入ってきません。

新聞のように意見などが書いておらず、とにかく事実の羅列です。

そのほうが効率的だと思うのですが、私は“事実だけ”よりも“色んな人の意見が入り混じった遊び”が入ってないと頭に入ってこないということが分かりました。

この本を使うべき人は国家公務員志望の人だと思う

この本は主に、国の出来事、国の中央機関の行動について書いてあるなと思いました。

そのため、国家公務員を受ける人にはとてもためになる本でしょう。

逆に地方公務員を受ける人にとってはそこまで重要じゃないんじゃないかと感じました。

地方公務員で問われる時事は、その地方が今抱えている問題だったりします。

そのため新聞の、地域のことが書いてあるページを読んだほうが力になると思いました。

時事については直前に慌てて勉強したところで頭には入らないです。

なぜなら時事の他に、たくさん勉強しなければならない教科があるのですから。

だから日頃から新聞を読むことをオススメします。

私はずっと新聞を読んできませんでしたが、少なくとも就職活動の時期は軽く読んでいました。

実際その時に読んだ“地域の高齢者施設のアイデア”を某市役所の第2選考(グループワーク)で話題にし、通過することも出来ました。

  • 国家公務員⇒速攻の時事
  • 地方公務員⇒新聞

が良いと思います。

関連≫私が使った通信講座&公務員試験の参考書一覧

20代向け求人サイトセレクション

【1位】いい就職.com

いい就職.com

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!丁寧で迅速なフォローが好印象でした!

詳細⇒いい就職.com

【2位】ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!通えるなら使うべき!

詳細⇒ハタラクティブ

【3位】ワークポート

ワークポート

IT・WEB業界専門から一般向け求職者・第二新卒対応へ!電車の広告でもお馴染みの急成長転職サイトです。

詳細⇒ワークポート

 

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする