【転職】苦手で嫌いな上司への退職の伝え方、報告・相談方法。

【転職】苦手で嫌いな上司への退職の伝え方、報告・相談方法。

転職をしようと思った時、まずしなければならないのが、今の会社へ退職の旨を伝えることです。

ここでは私の体験談をふまえ、どうやって上司に退職を伝えればいいかを考えていきたいと思います。

普通は直属の上司に最初に伝える

転職の理由は色々とありますが、多いのは人間関係ではないかと思います。

転職をするためにはまず上司に「転職のために退職をしたい」と伝えなければなりませんが、伝える相手は通常、自分の直属の上司になります。

これは報・連・相の基本です。

もし、直属の上司は知らなくて、その上の上司は知っているというようなことがあれば、連絡網はガタガタとなってややこしいことになるかもしれません。

私の場合は、直属の上司を飛び越えて話を持ちかけた

しかし私の場合はイレギュラーなことを行いました。

転職をしようと思った時、直属の上司ではなく、その上の上司(支社長)に伝えたのです。

その理由は、

  • 直属の上司が嫌いだった
  • 直属の上司の上の上司と距離が近かった

からです。

早朝に「少し話したいことがあるのですが、後でお時間いただけないでしょうか?」と持ちかけました。

しっかり取り合ってくれました。

「転職理由」は正直に答える必要はない

退職・転職しようと思っていることを言うと、なんだか気まずい雰囲気になったりします。

ただでさえそうなのに、「上司が嫌い」だなんて正直なことは言えません。

そこで私は「今の仕事は自分に合っていない気がします」と伝えました。

上司は「もっと続けないと合ってるかどうかなんて分からないんじゃない?」と引き止めようとしてきましたが、自分の意見をゴリ押ししました。

もし本当の退職理由を知られたくないのなら、当たり障りのない内容を伝えましょう。

関連≫【転職】既卒・第二新卒な私の内定までの期間

関連≫会社を辞めたい!仕事を辞める時の、上司に退職を伝える勇気が出る言葉

20代向け求人サイトセレクション

【1位】いい就職.com

いい就職.com

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!丁寧で迅速なフォローが好印象でした!

詳細⇒いい就職.com

【2位】ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!通えるなら使うべき!

詳細⇒ハタラクティブ

【3位】ワークポート

ワークポート

IT・WEB業界専門から一般向け求職者・第二新卒対応へ!電車の広告でもお馴染みの急成長転職サイトです。

詳細⇒ワークポート

 

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする