【転職】苦手で嫌いな上司への退職の伝え方、報告・相談方法。

転職をしようと思った時に、まずしなければならないのが、今の会社へ退職の旨を伝えることです。

そこでこのページでは、私の体験談を踏まえ、どうやって上司に退職を伝えればいいかを考えていきたいと思います。

普通は直属の上司に最初に伝える

転職の理由は色々とありますが、多いのは人間関係ではないかと思います。

転職をするためにはまず上司に「転職のために退職をしたい」と伝えなければなりませんが、伝える相手は通常、自分の直属の上司になります。

これは報・連・相の基本です。

もし、「自分が退職したいこと」を直属の上司は知らなくて、その上の上司は知っているというようなことがあれば、連絡網はガタガタとになるので、ややこしいことになるかもしれません。

私の場合は、直属の上司を飛び越えて話を持ちかけた

しかし私の場合はイレギュラーなことを行いました。

転職をしようと思った時、直属の上司ではなく、まずその上の上司(支社長)に辞めたい旨を伝えたのです。

その理由は以下の2つです。

  • 直属の上司が嫌いだった
  • 直属の上司の上司(私の場合支社長)とデスクの距離が近かった

早朝に「少し話したいことがあるのですが、後でお時間いただけないでしょうか?」と持ちかけました。

そうすると、支社長はしっかり取り合ってくれました。(この会社が中小企業で、1つの事業所が小さかったこともあるかもしれません)

「転職理由」は正直に答える必要はない

退職・転職しようと思っていることを言うと、なんだか気まずい雰囲気になったりします。

それなのに、「上司が嫌い」だなんて正直なことは言えません。

そこで私は「今の仕事は自分に合っていない気がします」と伝えました。上司は「もっと続けないと合ってるかどうかなんて分からないんじゃない?」と引き止めようとしてきましたが、自分の意見をゴリ押ししました。

もし本当の退職理由を知られたくないのなら、当たり障りのない内容を伝えましょう。

きっと、上司も私がうまくやっていないことを勘づいていたでしょうし、引き留めようとしたのも、形式上、そうしないとあとで本社から「ちゃんと引き留めようと努力したのか?」と追及されるからかもしれませんね。

辞めることを伝えてからは、職場にいるのは居心地が悪いものですが、このまま嫌な上司のもとで働き続けるのはもっと居心地が悪いです。だから、辞めることを決めたのであれば、すぐに実行に移すべきだと思います。

【転職】既卒・第二新卒な私の内定までの期間

会社を辞めたい!仕事を辞める時の、上司に退職を伝える勇気が出る言葉

20代向け求人サイトセレクション

私も利用したハタラクティブ

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ!

公式サイト⇒ハタラクティブ

求人数最大級のDODA

DODA

年齢問わず人気のあるDODAは、求人数が最大級です。求人数は多いほど選択肢が広がりますし、良い求人も多いので、アピールできるスキル・経歴を持っている方は利用してみましょう。

公式サイト⇒業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

使いやすい「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

拠点は全国に多数&土日・夜20時以降の面談もOKなので、自分のペース・状況に合わせて転職活動が行えます。非常に使いやすいサービスです。また、知名度が高いため20代の利用者も多く、書類添削などの充実したサポートも魅力です。

公式サイト⇒リクルートエージェント転職支援サービス

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする