フリーターは何歳までなら許されるのか?それはあなたの心が許さなくなるまで

フリーターをしている人こそ将来のことについてよく考えます。

「このままフリーターをしていて大丈夫なのだろうか?」

「年金などは将来十分に受け取れるのだろうか?」

「いったいいつまでフリーターとして生きていけるだろうか?」

そもそもすでに正社員であったら、「将来は安泰だ」と感じて日々仕事をしているだけの人のほうが多いですから。

ただ、ここで言えることは、フリーターには“不安要素”があるということです。

いったいフリーターは何歳まで許されるのでしょうか?

「許される」とは?

まず、「フリーターが許される」ということについて考えていきたいと思います。

これは誰が許さないのでしょうか?

  • 社会が?
  • 親・家族が?
  • 恋人が?
  • 自分が?

これは、“誰が”というより、“自分が”許すかどうかにかかっていると考えています。

「社会的に考えたら○○歳からはフリーターを止めて正社員になりなさい」であったり、親から「いい加減会社に勤めなさい」と言われるでしょうが、この時に、「まだフリーターでいいし!」と考えるのか、「確かに…。そろそろ真面目に正社員を考えたほうがいいかも」と考えるのか、が重要なのです。

自分がフリーターであることを許すかどうかは、すべて自分自身にかかっているのです。

「いつまでフリーターが許されるのか?」ではなく「いつまで自分がフリーターであることに納得できるか?」

結局、誰が許すか許さないかではなく、自分がフリーターであることに納得がいっているかどうかなのです。

もし、誰かから「もうフリーターなんか止めなさい!」と言われても、「フリーターでもいいじゃないか!何が悪いんだよ!」と考えるようであれば、まだフリーターとしてやっていけます。

しかし、自ら、

「このままフリーターはヤバいかも」

「何歳までフリーターって許されるんだろう…?」

と考え始めたら、もうその瞬間がフリーター脱却の時なのです。

なぜなら、フリーターであることを自分自身が許容していないからです。

もしフリーターであることに自信を持っていれば、不安や疑問を持つことはありません。

20代はフリーターにとって最大のチャンス

就職活動において、年齢というのはかなり重要な要素です。

29歳と30歳では全く市場価値が異なるということです。

例えば、20代であればニートでもフリーターでも使用できる専用求人サイトがありますが、30歳になった瞬間に使用を断られたりします。

もう一般的な求人サイトしか利用できないのです。

さらに、実際に求人サイトで就職活動を始めたとしても、社会人(正社員)経験がない人はなかなか企業から受け入れてもらえません。

選考にすら進めないこともザラにあるのです。

もし今、「フリーターって何歳まで?」と考えているようなら潮時。

少しずつでも就職活動を始めて、自分が納得のいく次のステージに歩み始めましょう。

20代向け求人サイトセレクション

私も利用したハタラクティブ

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ!

公式サイト⇒ハタラクティブ

求人数最大級のDODA

DODA

年齢問わず人気のあるDODAは、求人数が最大級です。求人数は多いほど選択肢が広がりますし、良い求人も多いので、アピールできるスキル・経歴を持っている方は利用してみましょう。

公式サイト⇒業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

使いやすい「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

拠点は全国に多数&土日・夜20時以降の面談もOKなので、自分のペース・状況に合わせて転職活動が行えます。非常に使いやすいサービスです。また、知名度が高いため20代の利用者も多く、書類添削などの充実したサポートも魅力です。

公式サイト⇒リクルートエージェント転職支援サービス

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする