【鳥取Part3:鳥取砂丘編】夏の砂丘にサンダルは危険。鉄板のように熱くなる砂地獄に悪戦苦闘。

yu砂丘の坂

この旅行記は【鳥取Part2:夢みなとタワー編】そういえば今日は合格発表の日だった!結果次第で旅が楽しめるかが変わる瞬間。からの続きです。

シティホテルで宿泊し、朝は6時には出発しました。

この1人旅の最大の目的「鳥取砂丘」へと歩いて向かいました。

朝食はおにぎりとトロピカルココナッツパインのラテ 

yu砂丘に向かう日の朝食

この飲み物のお陰で最高の朝を迎えることが出来ました。

鳥取砂丘の案内板

yu砂丘を示す看板

ずっと歩道を歩いていると、鳥取砂丘の案内板を発見しました。

あと3kmです。

まだまだ先です。

坂を行く

yu砂丘までの坂道

町から離れ、坂を進みます。

トンネルを抜けると、そこは砂国だった

yuトンネルを抜けるとそこは砂丘だった

歩いていると突如トンネルが現れました。

これを抜けると、やっと鳥取砂丘の端に到着しました。

鳥取砂丘の地図

yu砂丘入口の看板

砂丘は広いです。

現在地は一番左のパーキングです。

ここにトイレがあったので入ってみたのですが、壁に見たこともないほど大きいバッタがいて最強に怖かったです。

そのバッタの全長はアイフォン6プラスくらいでした。

砂丘と日本海

yu砂丘と日本海

最高の眺めでした。

時間は午前8時。

まだ砂は熱くありません。

砂の模様が美しい

yu砂丘とサンダル

自然の芸術でした。

おもわずサンダルを脱いでパシャリ。

砂丘には植物が生えていた

yu砂丘に生えた草

これには驚きました。

見たこともない植物がたくましく生きていました。

あとこの辺はアブみたいな虫が飛んでいます。

私はそれにずっと追いかけられ、10分くらい必死に逃げていました。

あれは何だったんでしょうか?

鳥取砂丘はとても広い。そして熱い。

yu砂丘の坂

夏に砂丘に行くならサンダルではダメです。

鉄板の上にいるくらい熱かったです。

歩くたびにアツアツの砂がサンダルと足の間に入ってきて、もう辛すぎました。

午前の9時くらいからどんどん熱くなっていきましたよ。

砂の丘から日本海を眺める

yu砂丘の丘の上

みなさん眺めていました。

壮大です。

ラクダがいる

yu砂丘のラクダ料金

砂漠と言えばラクダです。

それは鳥取砂丘も例外ではありませんでした。

いたのです。

ラクダが。

500円を払って写真を撮ることにしました。

こんな感じ

yu砂丘でラクダに乗る

いろんな角度から撮ってくれます。

7枚くらい自分のデジカメ、スマホで撮ってもらいました。

厳守

yu砂丘の注意喚起看板

本当に注意してください。

裸足で1秒以上砂に密着してられないくらい熱いです。

足洗い場

yu砂丘の足洗い場

砂丘の入口の近くに、足を水で洗えるところがあります。

もちろん利用させてもらいました。

遠くから見た砂丘

yu遠目から砂丘を見た感じ

ところどころ草が生えていますね。

砂の美術館

yu砂の美術館の入口

砂丘から歩いて「砂の美術館」へ向かいました。

砂の城

yu砂の美術館の中の城

とにかくクオリティが高いです。

細部にまでこだわって作られていました。

砂の美術館の全体

yu砂の美術館の全体の様子

このような感じでいくつもの作品が並んでいるんですよ。

外にも作品が!

yu砂の美術館の外

これ雨降った時にどうするんでしょうね。

遊覧船に乗りたい!

yu砂丘近くのバス停

最後の観光場所、「浦富海岸・島めぐり遊覧船」へ向かうためにバス停へ。

まだバスが来るまで時間があったので、ここでひと休みすることに。

バス停の中

yu砂丘近くのバス停の中

無人でした。

パイプイスがあったりと、ちょっとした休憩が出来るようになっていました。

ちょっとボロかったですけどね。

つづく

【鳥取Part4:浦富海岸の遊覧船編】1人旅はラストスパート。乗って揺られて忍び込む。鳥取よ、また会う日まで。

20代向け求人サイトセレクション

【1位】いい就職.com

いい就職.com

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!丁寧で迅速なフォローが好印象でした!

詳細⇒いい就職.com

【2位】ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!通えるなら使うべき!

詳細⇒ハタラクティブ

【3位】ワークポート

ワークポート

IT・WEB業界専門から一般向け求職者・第二新卒対応へ!電車の広告でもお馴染みの急成長転職サイトです。

詳細⇒ワークポート

 

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする