アルバイトのやる気が起きない?やる気を出す方法は目標を作るのが良い。

アルバイトのやる気が起きない?やる気を出す方法は目標を作るのが良い。

アルバイトをしていると、ふとやる気が出なくなる時があります。

それが一時的なものであればいいのですが、バイトがある日は毎日気分が落ち込んだり、普段の生活に悪影響を及ぼすほどだと、よっぽどのことです。

しかし、アルバイトは行かなければなりませんよね?

そこで、ここではどうしてアルバイトのやる気が出ないのか、一緒に原因やモチベーションを上げる方法を考えていきましょう。

やる気が出ない原因

始めたばかりだと不安が付きまとう

「やる気が起きない…」と言っているあなたはもしかして、そのアルバイトを始めたばかりではないでしょうか?

始めたばかりというのは、まだまだ仕事に関して分からないことが多く、不安に陥りやすくなっています。

これは、多くの人が経験していることです。

将来のことが分かっていないと、不安でたまらなくなり、何も手に付かなくなることがあるのです。

例えば、高校受験や大学受験の結果発表の日。

合格しているか否か、その日は朝からソワソワして緊張し、不安感も相当なものだったと思います。

このような状況では「他のことに集中しろ」と言われても、たぶん無理でしょう。

不安な気持ちで一杯となり、他のことなど考えられなくなってしまうのです。

このように、「今日、アルバイトの職場に行ったら何をするんだろう…?」と、自分の未来のことが想像できないと、不安でやる気が起きなくなってしまうのです。

体が慣れていない

アルバイトというと、これまで経験したことがない作業をすることも多々あります。

さらに、今までは自宅にいるはずだった時間帯に、仕事(アルバイト)のシフトが入るようになった人もいるでしょう。

このような場合、頭では理解をしていても体がその環境の変化に対応できないこともあるのです。

そして、体が慣れてくるまでは自然と拒否反応を示してしまう…

やる気やモチベーションが出ないのは、こうした理由も考えられるのです。

まだ充実感を感じたことがない

やる気が起きないのは、今のアルバイトを通して、まだ充実感や達成感を感じたことがないからかもしれません。

あなたがこれまでで、充実感や達成感を感じた時はどんな場面だったでしょうか?

些細なことでも良いのです。

何かスポーツで勝つことが出来たり、テストでいい点が取れたり、自分の行いが褒められたりした時、嬉しいと感じたことはありませんでしたか?

その時、「もっと頑張ってみようかな!」と感じたことはありませんでしたか?

この時の充実感や達成感が、私は“やる気の源”だと思っています。

アルバイトでも何でも、仕事は誰かの役に立っています。

その対価としてお給料がもらえるのですから。

今はきっと、こうした充実感を味わう前の準備段階なのです。

もし今後、充実感や達成感を味わう瞬間が訪れたならば、その時には、あなたはそのアルバイトの面白さに気付いていることでしょう。

やる気を出す方法

バランスよく休憩を取る

「頑張らなきゃ!どうにかしないと!」と考えるのは逆効果です。

自分で自分を追い込む結果となってしまいます。

人間というのは、人生の3分の1を寝て過ごす生き物です。

こうして休憩をしながらでないと生きていけません。

もし、ずっと起きて頑張って活動しようとしても、いつか倒れてしまいますよね。

これと同じことで、自分の能力以上のことをしようと気を張って頑張っても、精神的に倒れてしまうだけ。

やる気を出すためにも、その前に自分に合った、バランスの良い休憩が必要なのです。

仕事があることは幸せなこと

アルバイトと言えど、仕事は仕事。

雇い主が、わざわざあなたを雇ってくれたことには感謝をしなければなりません。

決してタダ働きではなく、お金を払って、あなたを受け入れることを決めたのです。

世の中には障害があって、働きたくても働けない人がたくさんいます。

そういった人たちから見れば、あなたはどれだけ恵まれていることか。

こうしたことは、少しでも頭の隅に留めておいたら良いと思います。

アルバイトを通して喜ぶ人は身近にいる

アルバイトは、その仕事の恩恵を受ける人のためだけにしているのではないのです。

あなたがアルバイトをすることで、喜ぶ人は身近に存在します。

それは、両親(家族)。

アルバイトを始めたことで、両親からお小遣いをもらうのをやめた人もいるでしょう。

これは一種の自立行為です。

アルバイトを始めた息子、娘を見て、親は絶対に喜んでいます。

「もうお金がかからない」ではなく「ここまで成長したんだな」と、あなたの変化に喜んでいるのです。

今、「アルバイトが辛い」と思っていても、やはり実際にアルバイトをしているというのは偉いことだと思います。

周りと比較をしない

「周りの友達や兄弟はみんな頑張っているのに…、なんで自分はこんなにやる気がないんだろう…」

なんて比較するのはご法度。

その比較は意味を成しません。

自分の性格、働く環境、育った環境、これらが全く同じ人が周りにいますか?

いないでしょう。

その時点で周りの人間と比較するのは無意味なのです。

今は少し躓いているだけ。

これからいくらでもチャンスはあります。

逆に今、順風満帆に見える人でも、将来大きな壁にぶつかる可能性だって十分にあるのです。

比較は禁物です。

精神的に参っている可能性はある

アルバイトのことを考えると、ものすごく気分が落ち込んだり、具合が悪くなるようだったら、精神的に病んでいる可能性があります。

これは別に自分を恥じる必要などありません。

誰にでも起こり得ること。

こうした時は、無理をし過ぎないことが大切です。

嫌なことから逃げる勇気も、自分を守るためには大切な手段です。

アルバイトの求人サイトを使えばいくらでもバイト探しをすることは出来ますし、今のアルバイトよりも、もっと自分に合ったものがあるかもしれません。

自分を壊すことだけは止めましょう。

目標・目的があるから人は動ける

さて、最後に、やる気を出すためにはどうすれば良いでしょうか?

私は、“目標・目的を持つこと”だと思います。

何をするにも、目標・目的は必要です。

例えば、テレビを見るにも「今日はあの面白い番組を見て笑いたい」と目的があるから見ますし、スポーツも「もっとうまくなりたい」と目標を持つから練習します。

先ほどの“充実感・達成感”も、「自分の存在意義を感じられる」という点では目的になっていると思います。

人の行動の原動力は、目標や目的があってこそ発生するのです。

アルバイトも同じ。

別に仕事そのものに目的を持つ必要はありません。

「稼いだお給料は何に使おう?」

「お金を貯めて大好きな○○を買おう!」

こういった目標・目的が、やる気の源になります。

あなたはお給料をどんなことに使いたいですか?

どんなことでも良いので、1つ目標を立ててみてください。

Sponsored Link

フォローする