就活内定後、「オヤカク」が行われる理由は親の介入が増えたから。過干渉になる必要性はあるのか。

オヤカクが増えてきた理由

今年になって「オヤカク」という言葉を聞くようになりました。

“親に確認”の略語のようで、企業が内定を出した人の親に連絡し、入社するかの確認を行っているのです。

しかし、どうしてわざわざ「オヤカク」をする必要があるのでしょうか?

親の過干渉が原因か

最近はブラック企業という言葉があったりと、実際に企業に勤めてみるまで不安は拭えません。

中には過剰な労働を強いられ、心身ともに壊してしまった人もいるほどです。

親としては、自分の子供が心配なのは当たり前です。

しかし、最近では子供に対する干渉が増えてきているのか、

「子供に内定を辞退させたい」

「自分たちが働いている業界で働いてもらいたい」

という声があったり、子供が内定をもらってきても、

「そんな企業は知らない!」

と一蹴する親もいるほど。

そういった環境の中では、

「親に辞退しろと言われたからその通りにしようかな」

という就活生ももちろん出てきます。

通常であればその企業に勤めるのはその就活生なので、入社するか辞退するかは本人が決めることです。

しかし、「オヤカク」という言葉が出てきたということは、近年はそうした過干渉な親が目立つようになってきているのです。

内定辞退のダメージが大きい中小企業で「オヤカク」が増えてきた

内定をいくつも取る学生がいれば、その分内定辞退の数も増えます。

やはり人気なのは大手になってしまいます。

せっかく優秀な人材に内定をあげたとしても、内定辞退されれば中小企業は大きな損失になります。

その理由としては、

  • 他の人材を落として、内定を渡している
  • 4月からの新たな戦力が落ちる
  • 採用には時間をかけており費用もかかっている

からです。

中小企業としては、毎年損失を被っていれば経営に響きますし、ダメージは蓄積されていきます。

それを防ぐためには、少しでも内定辞退を防ぐ努力をしなければならないのです。

企業は「オヤカク」だけに留まらない

企業の、内定辞退に対する対策はなにも「オヤカク」だけにとどまりません。

内定式では豪華な会場を借りて、未来の新入社員をもてなしたり、内定と同時にIPadを渡したりするところもあると報道されていました。

最近は人手不足で、企業も生き残るためには必死です。

そのためには人材をしっかりと確保していかなければなりません。

今後もこうした“内定辞退防止対策”は増えていくと考えられます。

関連≫人事にSNS(ツイッター・フェイスブック)は見られるのか?

関連≫就活が不安で眠れない時の対処法

Sponsored Link

フォローする