真っ黒なブラック企業の見極め方と入らない方法

「ブラック企業!ブラック企業!」とよく聞きますが、いったいどんな会社をブラック企業と呼んでいますか?

私は、

  • サービス残業が多い
  • 社員の人数に見合った仕事量ではない
  • 罵倒が多い

などの企業です。

では、どうしたらこうした低品質な企業を見極めることが出来るのでしょうか?

考えていきたいと思います。

真っ黒なブラック企業の見極め方

誰もがブラック企業には入りたくないと思っているでしょうが、これを見極めるためには時間を要します。

ブラック企業は一言で行ってしまえば、“離職率が高い”。

これに尽きると思っています。

離職率はその会社の居心地の悪さを表しています。

そして、離職率の悪さを如実に表すのが、“頻繁な求人掲載”。

求人を頻繁に出している企業には近寄らない

「この会社また求人出してるし…」

このような怪しい会社を見つけたら、近づかないようにしましょう。

ただ、こういったことが分かるまでには時間がかかります。

なぜなら、ハローワークなどに何度も何度も足を運んでだいたいの求人情報を把握していかなければならないからです。

だから少しでも早くブラック企業の傾向を身に付ける必要があります。

以下のことを意識して求人を探してみましょう。

甘い言葉ほど危険なものはない

求人情報に甘い言葉があったら、それは安易に飛びついてはいけません。

例えば、

  • 未経験者大歓迎!
  • 管理職候補!
  • 残業なし!
  • 月収33万円~可能!

などです。

ブラック企業は数打ちゃ当たる戦法でとにかく多くの人に来てもらい、その中でブラックな働き方に染まりそうな人を見つけようとしています。

「良い人材が欲しい」などと考えていないのです。

上のような甘い言葉にはどれも「※条件」があります。

  • 未経験者大歓迎!(資格等を持っていない人をすべて対象にして入口を広げる)
  • 管理職候補!(候補と言っているだけで給料が上がってきたらパワハラで辞めさせる)
  • 残業なし!(膨大な量の仕事をこなせればの話)
  • 月収33万円~可能!(過労死するくらい残業したら)

()のような内容が隠れているのです。

甘い言葉で人を誘うのは詐欺と同じ手法です。

騙されないようにしましょう。

ブラック企業に遭遇する可能性を下げる方法

ブラック企業に遭遇してしまう人というのは、すべての転職作業を全部自分でやろうとしているか、人に頼らない人です。

自分だけで何でも決めてしまうと、そのままブラック企業に吸い込まれて地獄を味わうことにもなりかねません。

そのため、既存のサービスを利用するのが好ましいのです。

求人を出すためにはお金のかかる転職サイトを使う

ハローワークと転職サイトの大きな違いは、

  • 企業が求人情報を掲載するのにお金がかかるかどうか?

です。

ハローワークは厚生労働省(国の機関)が税金を使いながら運営しているサービスなので、企業側は求人を出すのに料金はかかりません。

逆にリクナビNEXTや@typeなどの転職サイトにはお金を出さないと企業は求人情報を載せることは出来ないのです。

これは大きな違いです。

  • 求人掲載が無料→すぐに人が辞めてもまた無料で求人を出せばいい
  • 求人掲載が有料→お金を支払っている分、良い人材が欲しいしすぐに辞めてもらいたくない

企業はこのように考えます。

すると必然的に転職サイトのほうが優良企業が集まるのです。

より自分と企業のマッチングを高めるために

今は転職サイトにも、応募型とサポート型があります。

サポート型とはいわゆる転職エージェントのことですが、専属アドバイザーさんが自分に着いてくれて色々なアドバイスをしてくれるものです。

これは何がいいかというと、利用料は完全に無料であるのに、面接・書類のアドバイスを受けることが出来、また、企業の生の情報を手に入れることが出来る点です。

サポート型の転職サイトは、実際に社員が企業を訪れ、職場を見たり人事部の方や部長と直接コミュニケーションを取っています。

これにより実際の雰囲気(社風)や、どんな性格の人が働いているかを教えてもらうことが出来るのです。

1つの例が、リクナビNEXTを運営している「リクルート」の転職サイト「就職Shop」です。

公式サイト⇒就職Shop

このように求職者と企業を照らし合わせ、その人に最もマッチすると思われる求人を勧めてくれるのです。

これはハローワークなどには乏しいサービスです。

ブラック企業に入ってしまうと苦しい思いをしますし、辞めてしまえば職歴に傷をつけてしまうことになります。

少しでもブラック企業にフィルターをかけるためにも、転職サイト等の既存サービスをうまく利用することをオススメします。

厳選した転職サイト一覧

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする