【転職】転活する時のおすすめ求人サイトの選び方・活用方法を紹介

転活を始めるに当たって、まずしなければならないのが企業探しです。

そして企業探しをするためには、転職サイトに登録する必要があります。

ということで、ここではどんな転職サイトを利用すればいいのか?どんな活用方法が出来るのかについて、経験談を交えながら紹介していきたいと思います。

転職サイトを選ぶまで

転職サイトには2種類ある

まず知っておかなければならないのが、転職サイトには2種類のタイプがあります。

それは、

  1. 応募型
  2. サポート型(いわゆる転職エージェント)

です。

1.の応募型は自分で主体的に企業にアプローチを仕掛け、企業と直接やり取りをしながら選考に臨んでいきます。

どこにでも自由に応募が出来るのですが、その代り「選考お断りメール」が返ってくることもありますし、実際に面接をするまでどんな会社か身を持って分からないという特徴があります。

2.のサポート型は、転活を進める際は常に専属アドバイザーさんが一緒になって進んでいきます。書類や面接のアドバイスを受けることも出来ます。また、選考日程はすべてアドバイザーさんと企業がやり取りをしてくれるので楽です。しかし、どこでも好きなところに応募できるわけではなく、企業と転活者がマッチするかどうかはアドバイザーさんがある程度判断します。

両方のタイプを複数使い分けることでチャンスを広げる必要がある

私が過去に転活をした時もそうでしたが、転活をする時にはいくつかの転職サイトを利用したほうがいいと思いました。

そうすることで、自分に合った企業と出会えるチャンスが広がります。

なぜなら、転職サイトによって扱っている求人が変わってくるからです。

また、企業によってはどこの転職サイトとつながりが強いのかも変わってきます。

例えば希望する企業があった場合、転職サイトAのアドバイザーさんよりも転職サイトBのアドバイザーさんからアプローチしてもらったほうが受かりやすくなる場合もあるのです。

応募型でおすすめしたい転職サイト

主に使いやすいと感じたのは、リクナビNEXTと@typeです。

リクナビNEXT

リクナビNEXTのホームページ画像

リクナビNEXTは大手リクルートが運営しているサービスで求人数はかなりの数が揃っていますし、なにより若い人であれば就活時にほとんどの人がリクナビを使っていたのではないでしょうか?

私も転活を始める時はまずこのサイトに登録しました。

使い方としては、興味のある業界の企業を探すため。

どんな企業がどんな職種を求めているのかを知るために利用していました。

もちろん気になる企業があれば応募もしていました。

公式サイト⇒リクナビNEXT

コンサルタント型でおすすめしたいサイト

コンサルタント型はサポートサービスが有料級なものばかりですが、全てのサービスが完全無料です。

自分にマッチした企業をスムーズに見つけるためにも使うべきです。

パソナキャリア

転職サイトパソナキャリアのホームページ画像

パソナキャリアはあまり聞きなれないかもしれませんが、2015年に「オリコン」による利用者の評価が総合部門2位、女性部門1位に選ばれました。

サイトもデザインが使いやすく、満足度の高い転職サイトです。

サポートも内定を取るまで充実しているので利用してみましょう。

公式サイト⇒パソナキャリア

ここで紹介したサイトはどれも比較的知名度・満足度が高いものです。

しかし、これら以外にも

  • 既卒・第二新卒に特化した転職サイト
  • 女性向けの転職サイト

などが存在します。

これらは

厳選した転職サイト一覧

で紹介しているので、参考にしてみてください。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする